私たちは「たたら哲」さんを応援します!

阿部美紀子 女川原発反対同盟/女川から未来を考える会

一人ひとりが、自分自身が主役!

震災から6年7か月余り、未だ電気が足りないという話は聞いたことがない。福島原発は、アンダー・コントロールどころか、100km、200km離れた地域での汚染稲わら、牧草の始末さえ儘ならないのが現実である。

女川原発3基からは、海水温より7度も高い温排水が、1秒間に159トン排出される。私は勿論、女川町長も通常より7度高いお風呂には入らぬそうだ。高レベルの核ごみは、10万年管理しなければならない。日本列島にヒトが住み始めたのは、4万~3万年前である。

女川では、以前の町の姿が思い出せないほど様変わりし、それでも人々は新しい地域に、住宅に移り住み、落ち着きを取り戻しつつある。しかし、ひとたび原発が事故を起こせば、それらは全て水の泡となる。

多々良さんが知事になったら、女川原発の再稼働には同意しない、認めないと言う。ぜひ、多々良さんに知事になってほしい。

多々良さんを応援するということは、実は、多々良さんを代弁者として、一人ひとりが、自分自身が主役となること。

さあ、多々良さんを応援して、多々良さんを知事にして、県政を取り戻そう。一人ひとりが主役になろう。