• HOME
  • レビュー
  • 県民自身の身になって考えることができる、たたら哲さんを推薦いたします

鎌仲 ひとみ ドキュメンタリー映画監督

県民自身の身になって考えることができる、たたら哲さんを推薦いたします

宮城県知事に立候補した、たたら哲さんを応援します。

たたらさんは、まず

1:県民の声を聞く姿勢を明快にしていること

今の日本は政権のトップが国民の声を聞くといいながら聞かない、そんな状況の中この姿勢は素晴らしいし、信頼できるお人柄でもあります。

2:宮城県独自の政策を打っていくと明言していること

中央から大企業を引っ張ってきたり、国のいいなりになるのではなく宮城県という自治体の得意分野を守るという考え方を持っているということ、これは現職の井村知事にはない視点。
中央や大企業のしがらみに絡め取られないことはこれからの宮城の未来にとってとても大事だと思います。もちろんバランスのとれた関係を築くことが大前提で。

3:独自の福祉政策を持っていること

生協運動とは生活を守る運動です。その運動を長く牽引して来た、たたらさんならではの福祉政策はきっと宮城の人々の暮らしを基盤から支え、助けるに違いありません。

4:環境を守るという視点

原発のみならず、環境を保全しつつ、産業を起こすことがこれからの時代に必須となります。そのような視点は現職の村井さんにはありません。
これまでと同じではやがて行き詰まるのは目に見えています。

県民自身の身になって考えることができる人材が知事にふさわしいと思い、たたらさんを推薦いたします。