私たちは「たたら哲」さんを応援します!

  • 砂子啓子 i-くさのねプロジェクト代表

    あの多々良さんが知事選に。 あまりに近い存在すぎてびっくりしてしまった宮城県の知事選挙候補者のニュースでした。 どういう思いで立候補を決意されたのだろう。と思っていたところ、書き起...

    ページを見る

    鎌田慧 ルポライター

    東北に脱原発の知事が登場するのは、いまもっとも大事なことです。 第二の福島事故が起きてから、脱原発を宣言しても間に合いません。 福島、宮城、靑森、さらには新潟。 決然と原子力行政に...

    ページを見る
  • 阿部美紀子 女川原発反対同盟/女川から未来を考える会

    震災から6年7か月余り、未だ電気が足りないという話は聞いたことがない。福島原発は、アンダー・コントロールどころか、100km、200km離れた地域での汚染稲わら、牧草の始末さえ儘な...

    ページを見る

    武藤北斗 ㈱パプアニューギニア海産 工場長 「生きる職場」著者

    宮城の自然を大切に考え、そこから育まれる豊かな食べものに感謝し、子どもや未来に残していく。そのためにも必要な一次産業や地場産業、中小企業の底力をあげる政策を「たたら哲」さんは実行し...

    ページを見る
  • 宮本京子 六ヶ所再処理工場に反対し放射能汚染を阻止する全国ネットワーク

    多々良さんは「放射能汚染を阻止する全国ネットワーク」でおなじみで、知事選立候補を知ってびっくりしましたが、とっても嬉しいです。東北・宮城から市民の声を生かす、新しい風を作ってくださ...

    ページを見る

    渡辺 重貴 仙台秋保くまっこ農園

    私は自分や家族が美味しくて安心できる野菜を食べたいという思いで農業を始めました。 その同じ思いのまま消費者にも届けたいと思っています。 その思いを消費者に繋いでくれた多々良さんは、...

    ページを見る
  • 上原公子 元国立市長 脱原発をめざす首長会議事務局長

    たたら哲さんの、勇気ある立候補に感謝いたします。 選挙は、共に闘おうという気持ちになれる候補者であるかが、勝因の大きな要素です。その意味で、たたらさんという得難い方が、立候補の決意...

    ページを見る

    山田衣純 主婦

    震災直後、赤ちゃんの未知於を抱えて、放射能関連の講演会をはしごしていた頃、外遊びや食材のことなど、身近な不安を分かち合える場がなくて、悶々していました。ちょうどその時、お母さん達が...

    ページを見る
  • 鎌仲 ひとみ ドキュメンタリー映画監督

    宮城県知事に立候補した、たたら哲さんを応援します。 たたらさんは、まず 1:県民の声を聞く姿勢を明快にしていること 今の日本は政権のトップが国民の声を聞くといいながら聞かない、そん...

    ページを見る

    諸岡浩子 気象予報士・「地球の未来と私たち研究所」主宰

    「県民の代表」として県知事選挙へ出馬された、多々良さん。本当に信頼できる 方です。 掲げる政策【宮城の「人」、「食」、「環境」を守る】は、まさに多々良さんの 生き方そのもの!と感じ...

    ページを見る
  • 伊藤照手 農業系の出版社勤務

    たたらさんは震災が起こるずっと前から、宮城県の生協団体「あいコープ」で地元の生産者と消費者をつなぐ仕事をし、そこに住む住民の立場から、女川原発に反対してきた方です。   震災後は、...

    ページを見る

    小出裕章 元 京都大学原子炉実験所助教

    私が女川に原発を作ることに反対して女川に通い始めたのは47年前でした。住民・漁民たちの強い反対運動も、当時100億円を超える保証金で漁協が崩れ、女川には3基の原発が建てられてしまい...

    ページを見る
  • 1
  • 2